織姫と彦星の日。

 

ゆきと翔隼のゆきです。

 

 

本日7月7日、七夕の日

もうすでにブログは更新したんだけど

 

今文字に起こしておきたいことがあって

2本目に取り掛かっている次第です。

 

 

 

 

七夕の日だからってわけじゃないけど

わたしが叶えたいことの話。

 

いや、すでに叶っていることでもあり

叶えている途中でもあること。

 

 

 

 

 

わたしは、

 

「わたしのだいすきなたちが

自分の人生に納得して生きてほしい。」

 

もちろん、

 

「わたし自身も

自分の人生に納得して生きていたい。」

 

 

 

 

 

だいすきな人たちと幸せに生きることが

人生の目標だったんだけど

 

幸せという言葉が抽象的で

他の表現に変えたかったんだ、

 

そしたら今日見つかったの。

 

 

 

 

当たり前にひとりひとり

何をもって幸せとするかは違うんだけど

 

幸せな状態になってるときって

 

自分の人生に明らかな不平等があっても

みんなと一緒でも、違ってガタガタでも、

 

自分の人生に “納得” していると思ったの。

 

 

 

 

 

それは不平不満を言わないとか、

充実感や優越感があるとか、

 

そういうことと全くイコールではなくて

(けれどノットイコールでもなくて)

 

ただ “納得” しているの。

 

 

 

 

 

言葉にできない自分の不甲斐なさに

「あぁ、、、」

って落ち込むけど

 

そんな自分に納得してて、ネ。

 

 

 

 

 

それを踏まえて、やっぱりわたしは

「人の意識改革」がキーワードだな。

 

 

 

 

 

それについての ”HOW TO“ なんて

いっぱいあるからここで話はしないけど

 

個々人の ”納得“ をブロックするものと

仲良くしていきたいと思う次第です。

 

 

 

 

 

全然違う話だけど

 

言語化できてるかどうかって

わたしの中の大きな基準で

 

言語化できてないことって

所詮薄っぺらい理解や学びでうざい。

 

 

 

 

 

こんなにいろいろ感じていることを

大切に自分の一部にするために

 

言葉にすることを諦めたく ”ない“ 。

 

 

 

 

前よりも多少言葉にできた

わたしの人生のテーマちゃん。

 

この子をわたしの一部に、全部に。

 

 

 

ゆき

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です