悔しナミダ。

 

ゆきと翔隼のゆきです。

 

 

4日間の別府旅を終え

今わたしたちは愛知県へ向かう

バスに乗っています。

 

まあ、いつも通りトラブルも多々あり

気分が上がったり下がったりの旅ですわ

 

食運にも宿運にも恵まれたのが

幸せすぎたな〜〜〜〜

(別府美味しいものたっくさんあるよ)

 

 

 

 

最終日の昨日は別府冷麺をお腹に納めて

愛知へ向かうバスへ。

 

(愛知に帰ったら新生活( リアルお引越し。 )

が待ってるからルンルンで乗り込んだよね)

 

 

 

 

ここまでは良かった、

 

が、しかし

 

さあいざ出発!

のそのとき事件が起きちゃうよね〜〜

 

 

 

 

 

わたしの目の前でバチバチの口論が

はじまっちゃったの。

 

きっかけはよく覚えていないけど

確かリクライニングシート関係、

 

 

 

 

 

そんなことで大の大人2人が

ケンカしてくれるなよ〜〜、と思ったけど

 

どんどんヒートアップして

今にも手が出そうな感じだったんだよね。

 

 

 

 

 

しどろもどろに運転手さんが間に入って

その場はなんとか収めたんだけどさ

(運転手さんありがとう)

 

わたし怒りのエネルギーが

どうしても苦手で怖くて怖くて、、

 

もうバス降りて別の手段で帰ろう

って思ったの。

 

 

 

 

でもね、わたし降りれなかった。

 

「降りたい」と思うと同時に

 

「帰るお金ない、どうしよう」

ってよぎってしまって

 

降ります、の一言を

発することができなかった。

 

 

 

 

 

頭の中で葛藤している間に

出発のアナウンスが流れて、

 

ちゃんとバスは出発したわけ。

 

 

 

 

翔隼くんの胸の中で大号泣

怖いのもあるけど何より

 

お金が頭をよぎったのが悔しくて悲しくて

涙がポロポロ溢れてきちゃった。

 

 

 

 

 

結局あのおじさんとお兄さんは

大阪で降りていったから

 

もうこのバスの中にはいないのだけど

とにかく悔しくて悲しい夜だったなぁ。

 

 

 

 

 

お金で物事考えちゃう自分が

悔しくて悲しいんだなぁ。

 

 

 

ゆき

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です