おせっかいな女。

ゆきと翔隼のゆきです。

 

 

お引越し完了した本日は

( リアルお引越し。 )

 

〇〇な女シリーズです。

 

 

 

 

ちょっと本題に入る前に

引越しの感想を述べていい?

 

述べますね。

 

 

 

 

 

最高!!

もう本当に最高!!

 

これから工夫が必要なところは

多々あるものの

 

外を見たらオーシャンビュー

窓を開ければ虫の声

風が吹いたら樹々の音

 

最高すぎる、、、

 

 

 

 

そんでもって、目の前の海で

潮干狩りができるということなので

 

今日の夜は海鮮パーティじゃあ

しあわせ

 

 

 

 

と、まあこんな感じの

「お引越し最高!」な気分ですので

明るい話題を書きたいところですが

 

違うんです。

遡ること昨日の夕方

 

 

 

 

引越しの荷物を乗せて

新居へ移動中に巻き起こった

論争(ゆきちゃんがただキレる)のお話。

 


 

そうなんです、

わたしがこの事件の首謀者です。

 

 

 

実は最近ですね、

翔隼くんと一緒にいると

 

なんか噛み合わない

なんかイライラする

 

これはなんだろう?

と考えていたわけです。

 

 

 

 

ズバリ、わたしのおせっかいが原因だったの。

 

この答えが車に乗ってる最中に浮かんできて

ゆきがゆき自身にキレるという茶番(笑)

 

 

 

 

 

どういうことかというと

 

(STEP1)

翔隼くんの行動に対してわたしが

「こうしたらいいかな?」

と、まだ何も言われてないのに

先回りして色々する。

 

(STEP2)

翔隼くんがわたしの行動に対して

「え、それいいじゃん」

となり、物事が落ち着く。

 

 

 

 

小さいことだけど具体例を出すと

 

(STEP1)

翔隼くんが体調悪そうだから

落ち着けそうなスペースを探して提案する。

 

(STEP2)

翔隼くんがいいね!となって

そのスペースに移動する。

 

 

 

 

え、別にいいじゃん?

って思うかもしれないけど

 

今のわたしたちの段階には

きっとこのおせっかいが合ってなかった。

 

 

 

 

わたしがおせっかいをすることによって

 

翔隼くんが自分で問題の原因や解決策を

探す時間を奪っていた。

 

だもんで、何回も同じことが起こるし

いつまでたっても本質的な解決策には

至らないというわけ。

 

 

 

 

それでいて、いつまでも先に進まない

彼自身や彼とのパートナーシップに

イライラしてたのよね。

 

 

 

 

 

茶番だ、わたし頭悪いのか、

こんなのもうやめたやめた!

 

 

 

 

ああ、でも言い訳させて。。

 

ゆきよりも翔隼くんの方が

良くも悪くも色んな角度から慎重に考えれるの。

 

だからその分ね、

結論にたどり着くまでに時間がかかるの。

 

でもって、出てきたその結論を

(嫌われたら〜とか考えるから)

人に言うのを躊躇うの。

 

 

 

 

結論が口から出てくるまでが長くて

待てないゆきちゃん(短気)が

口を挟むの。

 

だって、こっちの方が

早いし楽なんだもん。

 

 

 

 

そう、なんだよね。

 

だから色々先にやっちゃう、

当の本人(翔隼くん)には

全く還元されないおせっかい。

 

 

 

 

 

めっちゃ忍耐必要だけど

今のわたしに足りない部分だから

おせっかいやめて待ちます。

 

色んな人の考える時間や可能性

奪ってきたのかしら、

ごめんなさいね。

 

 

 

 

念のため言っとくと、

おせっかい自体を否定するつもりは

全くない。

 

 

 

 

今思ったけど、おせっかいにも

色々種類があって、

 

わたしは今の場面に合わないおせっかいを

しているからおかしくなっただけで

おせっかいもTPOを考えてやれば

めっちゃ輝くと思う。

 

わたしもこれ探すわ、

みなさま気づかせてくれてありがとう。

 

 

 

 

だからこれを読んでるおせっかいちゃん

気にしないでね、

 

あ、でもよかったら

自分がどんなおせっかいしてるか

見つめてみるといいかも。

 

 

 

 

と言うことで、

おせっかいな女一旦卒業。

 

その場にあった素敵なおせっかいをできる

おせっかいな女になりまっせ。

 

 

 

 

ゆき

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です