プロポーズ。

 

ゆきと翔隼のゆきです。

 

 

 

新しい生活( リアルお引越し。 )が

始まってからもうすぐで1ヶ月。

 

この1ヶ月は本当に時間という概念を忘れ

その日のその気分で過ごしました。

 

 

 

 

 

時計は広いお家に1つだけ、

スケジュールは穴だらけ。

 

朝起きてゴミを出すついでにお散歩

ご飯を食べてひと休みしたら海水浴に、

 

シャワーを浴びて布団に寝転がって

日向ぼっこであったまって

 

夕方近所の仲良しおじさまズと鍋を囲んで

たわいもない話に花が咲いちゃうんだな〜

 

 

 

 

 

丸一日何もしない日もあれば

畑と海の往復に明け暮れる日も、

 

老後かな?って思うほど

ゆったりした毎日でしたねぇ(笑)

 

 

 

 

そういえば、貝を取れるようになったし

畑トマトでソースを作れるようになったし

 

お洋服のほつれを直すことも

お魚をさばくこともできるようになった。

 

 

 

 

 

外は自然だらけだもんで

虫にヘビに鳥は満載。

 

さらにはお家の中でも

ゴキブリとアリとクモと共生しとるもんで

 

虫系に関しては心臓に毛が生えたわ(笑)

 

 

 

 

そんな1ヶ月を過ごしてる間

めちゃくちゃ実感したこと、それは

 

宇宙一翔隼くんが好きってこと(笑)

 

 

 

 

一緒に日々の暮らしを作っていくと

お互いが丸裸になるのよね。

 

好きなことと苦手なこと

譲れないこだわり

隠しておきたい癖や習慣

 

全部丸わかり。

(パンツの柄もネ〜〜、キャ。)

 

 

 

 

違う家庭で育ってきてるんだから

常識なんて合わなくて、

 

「え、うちはこうしてたんだけど、」

のオンパレード

 

 

 

そうこうしながらお互いの得意と苦手や

価値観を掛け合わせて擦り合わせて

 

作っていく毎日が本当に楽しいの〜〜

 

 

 

 

わがままなわたしを押さえつけることなく

のびのびと生きれる関係・環境を

 

一緒に作ってくれる翔隼くんには大感謝。

 

 

 

 

日々、感謝と愛が募って

チリも積もれば大きなヤマですわ。

 

 

 

そんな日常を過ごしてる訳もあって、

 

彼と過ごす未来を想像すると

ものすごくワクワクして仕方がないの。

 

スーパーハッピーとメンタルブレイクを

繰り返しながら生きてくであろう未来が

 

タノシイ、ウフフ。

 

 

 

 

そんな妄想を広げてたら

自然にぽろりと言葉がこぼれちゃった

 

ゆき

私と父母になりませんか?

 

(※わたし的プロポーズのつもり)

(※精一杯の愛の表現のつもり)

(※一緒に家庭を築きたいと思うほど好き

っていうコレ伝われ)

 

 

 

 

我ながら独特の言葉選び、、、

って言った後すぐに思ったんだけど

 

(結婚って言葉は

なんだか好きじゃなくて使えなかったの)

 

 

 

そんなわたしの言葉に

 

なりましょう

翔隼

 

ってにこやかに返しちゃう翔隼くんも

なかなかやりますね。

 

 

 

 

とりあえず飽きるまで、

翔隼くんと一緒に生きていきたいな

 

なんてことを思う私です。

 

 

 

ちなみに

「飽きた時は飽きたって言おうね」

っていうのは2人の約束(笑)

( ずっと一緒にいる、なんて言えないよ。 )

 

 

 

 

 

明日はどちらに転がるでしょう、

私たちの楽しくて刺激的な人生に期待

 

うふ。

 

 

 

 

ゆき

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です