母になる。

 

ゆきと翔隼のゆきです。

 

 

言葉にするって怖いけど

 

叶えたいことがあるならさ

ちゃんと声に出さないと伝わらないもんね

 

 

 

 

わたしの今の第1希望のお話は

言葉にして話さないとさ

 

テレパシーじゃ伝わらないんだもんね。

 

 

 

 

 


 

 

 

 

「来年わたしは子どもを産む」

そう決めた。

 

 

 

 

21歳の自分が我が子を抱く映像に

たまらなくワクワクしちゃった。

 

 

 

 

 

いろんな声が四方八方から聞こえてくる。

 

「まだ早いだろ」

「経済的に安定してからにしなさい」

「自分のことも責任取れないくせに子どもなんて」

 

 

 

 

 

ちゃんと心に刺さる言葉の槍が

ありとあらゆる方向から飛んできて苦しい

 

が、産むと決めた。

 

 

 

 

そのために必要と言われる

 

お金やら何やら

責任やら何やら

 

準備していくさわたしなりに。

 

 

 

 


 

 

 

こんな決意に胸を震わせた昨日

 

 

どうやって生計を立てていこうか

受け取れる支援を調べよう

何がいつどれくらい必要なんだろう

 

 

 

 

社会で生きるとはお金がかかるだねぇ

妊娠出産とはお金がかかるだねぇ

 

時間がいっぱいかかるだねぇ

 

 

 

 

こーんなにもお金がかかって

こーんなにも時間がとられるとは

 

(そんなの幻想かもしれないけど

先人たちの話を見聞きする限り)

 

たまげたわぁ、びっくりよ。

 

 

 

 

世間知らずのわたしにさ、

いろいろ教えてください人生の先輩方。

 

どうしてもお母さんになりたいんだ。

 

 

 

 

 

産まれた子供がちゃんと

周りの人に祝福される環境を

 

整えるんだ、母として。

 

 

 

 

母として、とか言っちゃってるけど

 

母になんてなったことないから

想像上の母の気持ち。

 

 

 

 

妄想癖だけは一人前ですわ。

 

 

 

 

でも、母になるの、なりたいの。

 

 

 

 

 

わたし母になるの。

 

 

 

 

ゆき

 

2 COMMENTS

浅利若佳名

ゆきさん!わかなです
ブログ読みました!
とっっつてもすてきなブログで、ゆきさんと翔隼さんの関係に心が温かくなりました。
また、お会いできる日を心から楽しみにしています!

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です