シンプルに別居。

 

こんばんは、ゆきです。

Netflixの梨泰院クラスにハマっています。

 

我が家は1人になりたい人が多いので、

基本ソーシャルディスタンス保たれてます。

 

なんの話やねん。

 

 

 

 

違うんです、梨泰院クラスの面白さに

テンアゲなんです。

 

久々にブログを書いてることが嬉しいのです。

 

そして、なにかって、夜なんです、

真夜中の少女の戯言にお付き合いあれ。

 

 

 

最近はと言いますと

 

体調が優れなかったり、

なにかうまくいかないのは、

 

梅雨のせいにしています。

 

 

 

 

 

そして、良い流れが来たときは

 

わたしってスゴイかもしれない、

ということにしています。

 

 

 

困ったときは、

 

なんでもかんでも

神の采配ということにしています。

 

 

 

 

 

あ、そして最近の大きな変化といえば

翔隼くんとの別居生活が決まりました。

 

彼は来週から三重に行きます。

 

 

 

 

何ヶ月かわかりませんが、

とりあえず荷物をまとめて来週行きます(笑)

 

 

 

事の発端は、わたしなの。

 

私たちの生活はというと

 

ゆき→仕事して生活基盤を支える人

翔隼→人生模索しながら、家を整える人

 

ってな感じだったのさ。

 

 

 

 

ちょっと昔、翔隼くんのお金に対する不安感が

ものすごく大きくて

 

全く動けなかった時期があるの。

 

 

 

 

そこ(お金)を一旦安定させれば

何か変わるのでは??

 

という思考のもと、

日々わたしはお仕事に励んでいたわけです。

 

 

 

 

そんな生活を決めた最初は

お互い変化が明らかで面白かったのだけど

 

人は慣れていくものですね、

 

良い意味で様々な変化のある未来を

想い描いていたのだけど

 

いつしかわたしが稼ぎ、翔隼は専業主夫

の型から動かなくなっていたのです。

 

 

 

 

これはヤバイ、と

わたしの本能が動き出す〜〜

 

「一回離れて生活してみるか!」

という提案に至りましタ!

 

 

 

そうと決まれば話ははやいゾ。

 

移住先を探そうーー!という時期に

とても素敵な人間たちとの出逢いがあり

 

とんとん拍子で

三重へ移住する流れとなりました。

 

 

 

イメージは

 

「お互いがより良い状態で

また出逢うための修行期間」

 

(2年後にシャボンディ諸島で!的な)

 

 

 

両家のお母さんに報告したら

「結婚してるのに離れて暮らすの!?」

ってびっくりしてて

 

その反応にびっくりした(笑)

 

 

 

 

なるほどな、

夫婦が一緒に暮らしていないと

心配になるんだな〜、と。

 

 

 

結婚、夫婦、家族、、

その他の枠という枠に捉われず

自由に生きていくぜ〜諦めないマインド〜

 

 

 

ころころ変化していく人生を楽しみながら

今日もわたしは生きるのです。

 

笑いも涙も怒りも、なんか、他のやつも(笑)

全て糧になるのです。

 

 

 

あ〜、翔隼くんのいない生活は寂しいです。

共に暮らせる日を目指して日々精進なのです。

ナノデス。

 

 

バーイ!

 

 

 

1 COMMENT

築山

夕綺の言葉が久々にみれて嬉しいよ〜
一旦とはいえ、離れた方がいいと思った時にお互いが納得した上ですぐに離れられるの凄いなぁ

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です