求める女、離れる男。

 

ハロ!ゆきです〜

 

 

7月のある日、

言葉を必要としない人たちに出逢いました。

 

基本的に言葉が欲しいわたしにとって

彼らの在り方はとても面白くて

 

最近の研究対象です、

面白すぎ、愛しすぎ、本当にだいすき。

 

ふふ。

 

 

 

 

例えば彼らのうちの1人が、言うにはね、

 

言葉を使わないその時、

「答え」は重要ではなくて

 

「余白」や「行間」が欲しいんだって

その隙間を読むのが楽しいんだって。

 

 

 

 

 

なるほどな〜

とりあえず言ってることは理解。

 

でも感覚的に未知。

マカマカ摩訶不思議〜〜

 

だってわたしは多くの場合

詳細まで言葉で伝えるし、

 

同じく多くの場合、言葉が欲しいもん。

 

 

 

そんなわたしと彼らはさ、

そんな違う基準を持った人間同士は

 

どうやって共存するんだろうか?

関係を深めることはできるのかしら?

 

 

 

 

 

そう、果たしてできるのか、

 

 

 

 

 

すぐそばにいて、

ハグやキスで愛を伝えて欲しい彼女と

 

少し遠くにいて

愛する上で距離と自由が欲しい彼氏、

 

そんな感じ?違う?(笑)

 

 

 

 

若干違う気もするけどまぁ良い(笑)

 

 

 

そんな人たちはさ、

どうやって愛し合っていくんだろうね。

 

離れていく選択もできるけど

あえて共に生きる道を選ぶなら、

 

どうやって深めていくんだろうね。

 

 

 

 

疑問、思考、妄想を繰り返し

実験してみたいことたくさんある〜よ〜

 

 

 

 

てかさぁ、文章にする能力(思考する能力)の

衰えを感じたわ。。

((本論と全然関係ない、))

 

書いていないとダメになりますね、

過去の自分すごい。

 

 

 

あ、実験結果は追って報告しまーす、うふ。

 

 

 

 

このブログの行く末も考え中だから

また記事にするって今決めた〜〜

 

支離滅裂ゥ?

 

いいよね!バーイ!

 

ゆき

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です