地図を破り捨ててみる。

ゆきと翔隼のゆきです。

ふと疑問に思うことがあります。

夢の叶え方はひとつなんだろうか。

 

 

ちょっと前のわたしも含め
わたしの周りの夢がある人の多くは

夢を実現するために

 

できるだけ具体的な “目標” を立て

その “目標” をひとつずつクリアしながら

 

階段を上がるように山を登るように
夢へ続く道を進んでた。

 

 

~夢へ続く道~

なんてタイトルがつきそうな
自分だけの地図を作って握りしめて

向かい風のときも全力で進んでた。

 

 

すごいと思った。
本当に本当にわたしも含めみんなすごい。

だからそのやり方を否定するわけじゃない。
そのやり方で夢へ進むあなたを否定するわけじゃない。

 

 

ただ、あんまりにも多くの人がこのやり方で進むから
ふと疑問に思ったの、

夢の叶え方ってこれだけなんだろうか

って。

 

 

実験してみたくなった。

今までわたしがやってきた登山型じゃない夢の叶え方。

やりたいときにやりたいことをやって
魂が動くままに行動する。

それに

“徹したら”

半年後のわたしはどうなっているだろうか。

 

 

地図を手放すのはこわい、
道が見えなくなるから。

どこへ向かっているのか
どんなトラブルが起きるのか

わからなくなるから。

 

 

 

でも、楽しい。

わからないスリルも含め
思いっきり楽しんでやろうこの実験を。

地図を手放しても
自分が求める最高の目的地にたどり着けることを

自分の人生使って証明してみよう。

 

 

ゆき

3 COMMENTS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です