恋する乙女。

ゆきと翔隼のゆきです。

今日もわたしは叶うことのない
片想いをしています。

 

友達にも、仲間にも、翔隼くんにも、

 

世界の人々みんなに片想いしてるんです。

 

 

 

わたしは人がすきです。

 

人間としてすきとか苦手はあるけれど

 

人という存在としてみたとき
どんな人にも愛しさを感じます。

 

 

 

だから基本的には出逢った人間はみんなすき。

 

すきになっちゃうんです。

 

 

 

わたしの中の当たり前かもしれないけれど

すきになった人からは

「わたしもあなたのことがすきだよ。」

 

と言ってほしいじゃないですか。

 

両想いになりたいじゃないですか。

 

 

 

でも、そう簡単にはいかないもんで

 

全員の人が「すき」と返してくれるわけではなく
度々落ち込んだりするわけです。

 

 

 

それを何度も繰り返していくうちに気づいた。

 

わたし気づいたよ。

 

 

 

こうやって落ち込むのは

 

あの人はわたしのことをすきと言ってくれるだろう、と

 

わたしが勝手に期待して

期待に応えてくれなかった現実に

わたしが勝手に落ち込んでいるんだ

ってことに。

 

 

 

自分で創り出した問題の種を

自分で食べて苦しんでいるなんて、、

 

ものすごいひとり芝居。わたし天才。

 

 

 

まあ、全然それも悪くないんだけど

 

わたしは期待して落ち込むこの流れに
疲れちゃったから

 

期待するのやめたんです。

 

 

 

そもそも期待してないんだから
現実に傷つくことがなくて

 

ぶっちゃけ楽。

 

 

 

「ただわたしが一方的にすきなだけ」

 

と思ってると、

 

相手から「すき」が贈られてきたとき

 

半端なくうれしい

(本当に本当にうれしい)

 

 

 

だから今日もわたしは世界中の人に片想い。

ただわたしが一方的にすきなだけ。

 

 

 

あ、自ら好んで片想いしてます。

恋する乙女でいたいんです。

 

 

ゆき

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です