タダシイ。

 

髪の毛を真っ赤にして1週間、、、

ちょっとずつオレンジっぽくなってきて

ブリーチって面白いですね。

どうも、ゆきです。

 

今日ね、翔隼くんがある人に言われたの、

 

「そんなんじゃ社会で生きていけないよ。」

 

 

 

うん、きっとそれは

タダシイ。

 

 

 

タダシイ意見だと思う。

 

だって、定職についてないから
収入は不安定。

 

かといって就活はしていないし、
今日やったのはパン作りとお昼寝。

 

 

 

側から見たらさ、

 

彼女の家に転がり込んだニート野郎で
働けよって言いたくなるよね。

 

 

 

良いとか悪いとかじゃない、けど、

 

その “タダシイ“ に苦しめられている人間が
どれだけいるだろうか。

 

 

 

「定職につき、家族を養う」

 

という ”タダシイ“ が

 

定職につけず、家族を養いきれない人間を

 

”タダシクナイモノ“ とし、苦しめる。

 

 

 

「毎日元気に学校に登校しよう」

 

という ”タダシイ“ が

 

毎日元気に学校に行けない人間を

 

”タダシクナイモノ“ とし、苦しめる。

 

 

 

「ひとりの人間を愛するものだ」

 

という “タダシイ” が

 

ひとりの人間だけを愛することができない人間を

 

“タダシクナイモノ” とし、苦しめる。

 

 

 

その ”タダシイ“ は誰が決めたんだろうか。

 

それは本当に ”タダシイ“ んだろうか。

 

 

 

いつから人間は ”タダシイ“ を信じたんだろうか。

 

みんなが同じ ”タダシイ“ を
持っていなくてはいけなくなったんだろうか。

 

 

 

”タダシイ“ は必要なんだろうか。

 

”タダシイ“ は何のために生まれたんだろうか。

 

 

 

”タダシイ“ があるから

 

犯罪も社会問題も病気も悩みも

 

あるのかもな、なんて考えちゃうよ。

 

 

 

”タダシイ“ があるから

 

人生が面白いのかもしれないけどね。

 

 

 

今一旦、わたしは世の中に溢れ出している

 

”タダシイ“

 

を疑いたい。

 

 

 

”タダシイ“

 

をもう少し考えてみよう。

 

 

 

答えなんて出ないかもしれないけど。

 

だって、答えを出すことが

 

”タダシイ“ なのかもしれないもん。

 

 

ゆき

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です