ゆきちゃんって女子力ないよね。

 

「ゆきちゃんの今日のお洋服、
選んでくーだーさいっ」

から1日がはじまります。

ゆきです。

 

 

例によってベトナム行きの飛行機からお届けしております。

↓ベトナム飛行機 そのいち

いってきます

↓ベトナム飛行機 そのに

噴火は地球のオナニー。

 

 

お昼ご飯を食べ終わってゆっくりしてたら
かわいいCAさんに

 

窓閉めてくださいね~

 

と言われてしまい
だいすきな外の景色をみることができなくなったので

 

だいすきな王子のことを考えていたわけ。

 

 

 

そしたら思い出しちゃったのよね~

 

ある日王子に面と向かって言われた言葉

 

 

 

翔隼

ゆきちゃんってさ、メイクできないし、料理できないし、

女子力ないよね(笑)

翔隼

てか、基本的になんにもできないよね(笑)

 

(笑)じゃないからね、
気にしてるからね、わたし。

 

 

 

確かに

メイクも料理も食材の管理もできないし
髪の毛乾かすのできないし
髪の毛セットするのだってできないし
お洋服も自分で決めれないし
時間の管理もできないし
車も運転できなければ(ド下手)
朝起きれない、起き上がれない、、、

 

ここまでくると笑える(笑)
女子力ないどころじゃない(笑)

 

 

 

何でもできるように見られがちだけど

完璧なように見せがちだけど(笑)

実はできないことだらけなのよね。

 

 

 

もっと○○しろよ!と言われてもいいのに
(ゆきなら言いたくなっちゃう)

 

王子がすごいのは、

 

わたしの “できない“ を

わたしの代わりに許してくれるところ。

 

 

 

今まではできない部分を何とかしなきゃって思ってたけど
今はできないことは互いに補い合って生きていて

 

とってもとっても心が楽。

 

 

 

それに、何とかしなきゃって思ってた時よりも

 

今日はちゃんとメイクしてみようかな、とか
料理してみようかな、なんて思えちゃうの。

 

 

 

結局誰よりも自分が一番気にしてて
自分が自分を許せなくて

 

ゆき

おいわたし!○○しろよ!

って言ってるんだよね~。

 

 

できないだらけの私ですが
まるごと彼に許されて愛されて生きています、幸せ。

翔隼くん、ありがとう。

 

 

 

あ、最後にちょっと私を弁護させて(笑)
掃除と洗濯はできるよ!

 

ゆき

 

2 COMMENTS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です