わたし頼んでないから。

はじめまして。
ゆきと翔隼のゆきです??
突然ですが私たちってね、
自分で言うのもなんですが
言いたいことなんでも言えて
お互いのことをとっても大切にできて
愛し愛されている

超しあわせカップル

なんですわ(照)
なんでこんなにいい関係性が築けているか
その秘訣は私たちの日常のなかに隠れています。
そんな私たちの日常を実際にあった出来事とともに
このブログで赤裸々に綴りたいと思います。
それでは、はじまりはじまり
〜〜
ある日のデート
この日は翔隼くんのお仕事の都合で
夕方までしか一緒にいれないことがわかっていました。
(このとき翔隼くんは長野県で働いていたので
バスで帰らなければいけなかったの、、)
名古屋駅から栄まで歩きながら
ご飯を食べたり、気になったお店に入ったり
それはそれは楽しく過ごし、、、
そろそろバスに乗るために
名古屋駅に帰らなければいけません。
名古屋駅まで、これまた公園にいったり
景色を眺めたりしながら
楽しく歩いていたのですが。
翔隼くんが道の真ん中で立ち止まって
「、、、座りたい。」と一言。

ゆき「いいけど、、、どうして?」

翔隼「、、、疲れた。」

ゆき「いっぱい歩いたから?」

翔隼「うーーーんそれもあるけど、、、気を張ってたんだと思う。休みたいっていったらかっこ悪いと思われるかなとか、〇〇したらゆきちゃんにどう思われるかなとか気にしてた。」

、、、いや、わたしそれ

頼んでないよ?

かっこよくて気がきくパートナーでいようと、
わたしのことを考えて行動してくれたのは嬉しいよ
けど、

やってなんて言ってないよ?

頼んでもないことを

勝手にやった方がいいと思い込んで

勝手に疲れられても、、、

正直、困っちゃう。
わたし悪いことした?って気になっちゃうよ?
ゆきちゃん、思ったことはちゃんと伝えます。

ゆき「あのね、翔隼くん。ゆきのこと考えて、いろいろ行動してくれたのはうれしいよ。

でもね、ゆきそれやってって頼んでないから。それでずっとどこかで気をつかって、疲れちゃうくらいなら、やらないでほしいんだけど。

まず、休みたいって言ったくらいで嫌いにならないし、別にそんなことしなくても翔隼くんは素敵だよ。」

〜〜
これって、よくあることだと思うんですよね。
「あなたのために一生懸命メイクしたのに、なんで気づいてくれないの!」
「俺はお前のためを思って行動してるのに、どうしてお前はしないんだ!」
いやそれ、

頼んでませんよ。

 

誰から頼まれてもないのに

勝手にやって勝手に疲れたり

思い通りにいかなくてイライラしたり

そんなことで怒られても、、
そんなことでウジウジされても、、
はっきり言って

迷惑です。

相手にいちばん伝えたいのはさ
メイクに気づいてほしい、ことじゃなくて
俺にために行動しろよ、ってことじゃなくて

「あなたのことを想っています。」

この気持ちを受け取ってほしいってことじゃないの?

ただそれだけなのに、怒ったりウジウジしたり
それって想いが伝わらないどころか
お互い嫌な思いしちゃってもったいなくない?

相手を想ってしたことでも自分が

そして相手が苦しくなっちゃったら

本末転倒ってやつだよね。

それにきっと、
あなたが苦しくなるほど努力しなくても
きっと相手はあなたを愛してくれるんじゃないかなあ

てか、あなたがなにかしないと

愛してくれないような人ならやめときな(笑)

ってわたしは思うけどね〜〜
ゆき

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です