理想のわたしに。

 

ゆきと翔隼のゆきです。

 

 

我が家ではご飯は基本的に

翔隼くんがつくります。

 

なぜなら ゆきちゃんって女子力ない から(笑)

 

 

 

今日の夜ご飯、

メニューはそうめんチャンプルー。

 

 

ゆき

美味し〜〜い!

 

う〜〜んもうちょっとこうできてたらな〜〜

翔隼

 

ゆき

え〜〜こんなに美味しいのに?

 

 

 

わたしからしたら美味しすぎる料理に

浮かない顔の翔隼くん。

 

 

 

え、謎だ〜〜

 

おんなじものを食べてるはずなんだけどな〜〜

そんなに味覚違ったかな〜〜

 

って冷静に考えてったら

ゆきと翔隼くんの違いに気づいたの。

 

それは、

 

理想を持ってるか持っていないか。

 

 

 

翔隼くんは料理しながら

(こんな風につくろう)

という ”理想“ があるから

 

理想通りいかなかった時

反省したり、落ち込んだりする。

 

 

一方のゆきは、そもそも理想がないから

出てきたものが全て(笑)

 

(翔隼くんからしたら)多少の失敗も

そういう料理だと思って納得(笑)

 

 

 

ということは、

理想があるから人は苦しむのかなあ、と。

 

 

 

わかりやすいのがわたしのブスネタ(笑)

 

理想→美人!

だと美人でないわたしに苦しむ(笑)

(良き例: 世の中のブスたちへ告ぐ。 )

 

 

わたしってこういう顔だ、

それ以上でもそれ以下でもなし、以上。

 

って思ってたらきっと悩まないね(笑)

 

 

 

理想を持つことに良い悪いもないけど

(人によってここは違うと思うけど)

 

わたしの場合、

謎にモヤモヤして悩む理由のひとつに

 

理想と違うっていうのが

ランクインすると思うから、

 

自分がどこにどんな理想を持っているのか

知っておくと楽だろうなあ。

 

 

 

 

そういうもんだって、

ただ事実として受け止めれたら

 

楽になりそうなこといっぱいありそうだから

探してみよ〜〜。

 

 

理想のわたしに苦しめられても

あんまり嬉しくないもんね、っと。

 

 

ゆき

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です