やきもの散歩道 sugi cafeの主、スギ様へ。

 

ゆきと翔隼のゆきです。

 

いぼ痔様が復活しそうな翔隼王子の隣で

本日のブログを綴ります。

 

 

 

先日、常滑に遊びに行ってきました。

古民家探しと作曲がメインの目的。

 

 

所持金

ゆきちゃん 156円

翔隼くん 400円

 

のお財布は極寒の極貧旅でしたが、

古民家が素敵だったのと

何より一緒にいる人たちが暖かすぎて心はポカポカ

 

ちゃっかり大好きなグランパ( 愛しのグランパへ。 )との再会も果たし

ご満悦な私たちをさらに暖かく迎えてくれたのが

 

 

 

やきもの散歩道にある

sugi cafe のマスター、スギさんでした。

 

 

 

なんだかんだとやってるうちに

タイカレーとチーズケーキの端っこを頂けることに、、、。

 

 

 

スギ様、、、、(泣)

 

 

 

大感謝しつつ、同時に心の中では葛藤がありました。

 

それは、 ”受け取ってはいけない” という思い。

 

 

 

実は私たち2人とも無償で何かを受け取ることが苦手

 

頑張ったものの対価としてじゃないと、、

苦労しないと受け取れない、、

 

と思っているから。

 

 

 

だから、あまりにも暖かいマスターの言葉を

受け取る事に抵抗があったの。

 

 

受け取ってもいいのに、ね。

 

 

 

 

拒み続けていた “受け取る” こと

 

一瞬心にブレーキがかかりましたが

お言葉に甘えてしっかりご馳走に。

 

 

タイカレーが本当に美味しいの、、、!

「カフェのレベルじゃない」ってお客さんにも言われるらしく

本当にオススメ。

 

 

 

店内は焼き物の倉庫を改装して作ってあるから

木造で温かみがあって、

 

あと、スギさんの趣味でカメラがたくさん置いてあるの、シャレオツ。

 

 

あ!あと人をダメにする椅子が置いてある!

揺りかごみたいに適度に揺れてくれて、もうこればっかりは行って体感でって感じ(笑)

 

 

 

 

スギさんのお気持ちを美味しく頂いて

(ちなみにお手製のチーズケーキも絶品)

 

sugi cafeで歌って

ちょっとだけお店をお手伝いして、さようなら。

 

 

 

”受け取る” は勇気がいる事だけど

素直に受け取れた時、大感謝が溢れて止まらないし

 

どうしたらお礼が出来るだろうって

プラスの気持ちがまわり出す事なんだなって。

 

 

 

これが give というものなんだろうな。

大尊敬。

 

 

 

すごいな、スギさん。

ありがとう、スギさん。

 

本当に本当にありがとうございました。

常滑行く際はまた遊びに行かせてくださ〜い!

 

 

 

ゆき

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です