そうなんだね。

 

ゆきと翔隼のゆきです。

 

翔隼くんに不満があります。

 

 

 

 

夜お出かけした時

 

ゆき

寒い〜〜
寒くないよ(笑)

翔隼

 

 

 

お腹痛い時

 

ゆき

お腹痛い〜〜
お腹痛くないよ(笑)

翔隼

 

 

 

冗談なんだけどね、翔隼くんからしたら。

 

 

ゆきはね、

 

「うんうん、寒いんだね」

「うんうん、お腹痛いね」

 

ってさ、

 

 

 

 

「そうなんだね」

 

って受けとめてほしいんですぅ

 

 

 

はい、めんどくさい

 

って思ったでしょ?

わかってるわそんなこと自分でもっ

 

 

 

でもね、めんどくさいって思われようが

なんだろうが

 

自分が思ったことはちゃんと伝えないと

 

「察してよ」

 

なんて神じゃないんだから無理だからね。

 

 

 

 

ゆきは冗談で返されて

 

「そうだよねって受けとめてよ。

大切にされてないみたいで悲しいよ〜〜」

 

って思ったんだもん。

嫌だったんだもん。

 

 

 

もうこれに関しては八つ当たりだけど(笑)

 

嫌なこと嫌って言わないくせに

 

「わかってくれない」だの

「価値観が違う」だの

 

それはどうなのよって感じよ。

 

 

 

ちゃんと

 

お互いが何を感じているのか

どんなことが好きでどんなことが嫌なのか

 

わかちあいたいから伝えるよ。

 

 

 

翔隼くんへ

 

「そうなんだね」の一言あるだけで

 

受け入れてもらえた嬉しい〜〜

って思えるんです。

 

冗談言う前にワンクッションください。

 

ゆき

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です