48時間。

 

令和がはじまったはいいものの

元号が変わった実感があるわけでもなく

 

だがしかし、

ただ1日が終わってはじまっただけではない

 

そんな不思議な1日が

終盤に差し掛かってる今です。

 

どうも、ゆきです。

 

 

 

 

この間、ある人にとっても感謝された話を

ここに残しておこうと思います。

 

 

 

 

 

 

彼女は職場関係で悩みがあって、

そのお話を聞いていたの。

 

 

 

 

「やらなければいけない業務がいっぱいで

忙しくて頼れなくて辛い。」

 

的な、

 

自分が良くない環境に置かれていることを

嘆いている、という感じを受けたかな〜。

 

 

 

 

 

まあでもさ、

 

冷たいようだけど

その環境にいることを嘆いていたって

 

何も変わらないわけよ。

 

 

 

 

 

変わらないことに悩んでるのって

 

「どうして1日は24時間しかないんだ!

1日を48時間にするためには

どうしたらいいんだよーーー!」

 

って悩んでるのと一緒。

そんなもん無理。悩んでも変わらない。

 

 

 

 

(視点を変えてみたら

 

1日48時間は可能だし、

そもそも時間ってないよね、

 

の話になってくるけれども一旦置いといて)

 

 

 

 

そんなことで悩むわけねえだろ

って思ってるかもしれないけど、

 

ちなみに私の友達は本気で

1日が48時間になって欲しくて

 

泣きながら電話かけてきた(笑)

 

私の場合、48時間を本気で悩む人が

とっても身近にいた(笑)

 

 

 

 

いやいや、さすがに私は悩まねえわ

って思ってるかもしれないけど、

 

意外と陥るこの48時間問題。

 

 

 

 

 

 

自分がある環境にいることを嘆いていたり

選択を迷っていることに悩んでいたり

受け取った結果に落ち込んでたり

 

 

 

嘆くことも迷うことも落ち込むことも

全然好きにやってもらっていいんだけど

 

進みたいの!と言いながら

その場足踏みを全力でしてるだけで

 

3時間後も3日後も同じ場所にいるあなたは

悩む方向変えてみたら?って思う。

 

 

 

 

 

環境に嘆き続けるのではなくてさ、

あなたはどうしたいの?

 

この環境から逃げたいの?

この環境を変えたいの?

この環境に適応したいの?

 

 

 

 

 

選択を迷ってることに悩み続けるのではなくてさ、

選択するためにはどうしたらいいの?

 

たくさんの人に話を聞いてもらうの?

本を読んで知識をつけるの?

あみだくじでもする?

 

 

 

 

受け取った結果に

落ち込み続けてもいいけどさ、

 

悔しかったね、悲しかったね、

じゃあどうする?

 

思いっきり泣き叫んでスッキリする?

なかったことにする?

新しい一歩を踏み出す?

 

 

 

 

もちろんこれだけじゃないだろうけどさ、

 

 

 

 

 

 

 

1日が48時間にならないことに

嘆き苦しんでいるなら

 

変わらないからやめなぁ(笑)

 

 

 

変わらないことに

つぎ込めるエネルギーがあるんだったら

 

変えられることに

エネルギー使ってあげたらどうだろうか、

 

って思っちゃうけどね〜〜。

 

 

 

ま、大きい独り言ってわけよ。

 

 

 

 

 

そうそう、悩んでた彼女は

自分が持ってる悩みのほとんどが

 

1日が48時間じゃないなんて、、!

 

だったことに気づいたんだって。

 

 

 

それらを少しずつ手放して、

1日は24時間なんだって受け止めて

 

24時間をどう生きるか

 

考えることにしたんだって。

 

 

 

 

 

また会える日が楽しみだなあ。

話してくれてありがとう。

 

 

存分に生きてくれ〜〜

 

そして存分に楽しんで、ネ。

 

 

 

 

ゆき

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です