みんなという綺麗事。

悩んで笑って泣いて怒って喜びました。

 

今日もいちにち情緒不安定、

どうもゆきです。

 

 

ただ今ひねくれております。

 

いつもひねくれてるので

まあ、通常運転というわけです。

 

 

 

 

 

知多半島の海辺で思いを馳せてたら

ゴミが流れてきまして、

 

ゴミ拾いを始めたら

いろんな思いが湧いてきたので

 

勢いでここに書きます。

 

 


 

 

 

みんなが幸せになれる社会を〜〜

みんなが笑顔で〜〜

みんなが夢を持って〜〜

 

 

 

それはそれでとても良いと思う。

やりたいようにやればいいと思う。

 

 

 

 

が、しかし思う、

 

みんなって誰だよ、人類?

 

 

 

 

 

そもそもわたしたち人類が生きてるのは

 

全ての動植物や虫や自然のあれこれが

酸素や水を循環させていてくれる

 

この状況があるからじゃないですか。

 

 

 

 

 

 

地球に生かされているのに

幸せを願うのは人類のことばかり?

 

”みんな“ もその子どもも孫も

地球に生かされていくのに

幸せを願うのは今の人類のことだけ?

 

 

 

 

 

 

真に “みんな” の幸せを望むなら

地球と、自然と、共生しようよ〜〜

 

 

 

 

 

どうせ自然には勝てないんだけどさ、

勝ち負けじゃなくて共生したいよ〜〜

 

 

 

 

 

 

“みんな” の幸せを願うなら

ゴミはゴミ箱に捨ててほしいし

そもそもゴミ出さんでほしい。

 

 

 

 

ペットボトル片手に海が綺麗とか

言ってくれるな、人類。

 

スーパーでゴミ袋もらうくせに

自然を大切にしようとか

ふざけんな、人類。

 

 

 

 

すでに存在してるペットボトルやゴミ袋に

文句を言ってもしょうがないし

 

人類に怒ってても何も起こらないんで

まずは自分がやるけどさ、

 

 

 

 

 

地球にありがとう。

いっぱい傷つけてごめんなさい。

 

わたしとわたしの大切な人たちが

幸せに生きるために

 

あなたたちと共生したいです。

 

 

 

 

 

ゆき

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です