勝手に改造計画。

 

ゆきと翔隼のゆきです。

 

 

わたしたちは名古屋大学の近くにある

 

シェアハウスつみき

 

に住んでいるんだけど、

最強なんだわこのシェアハウス。

 

 

 

 

つみきは7人住んでるうちの6名が学生で

6名中4名が休学中という

 

ちょっぴり変わったシェアハウス。

 

 

 

 

 

このシェアハウスの何が最強かというと

  • とても自由で寛容なシェアメイト
  • 生活に必要なものが全て徒歩圏内
  • 閑静な住宅街で毎日静か
  • 庭あり
  • 駐車場あり

 

最強です、ありがとうございます。

 

 

 

 

特にルールはなく、

(強いてあげるなら、掃除の区域が決まってるくらい。ただこれもゆるい(笑))

 

お互いを思い合う気持ちだけで

立派な一軒家を共有しているの、素敵。

 

 

 

 

 

 

自分たちでより良いシェアハウスに

していこーぜ、的な感じやで

 

新しくやってみたいことを提案したら

とてもとても柔軟に受け入れてくれる。

 

というか、なんなら

勝手にやってくれ状態(笑)

 

 

 

 

 

例えば、わたしと翔隼くんが

 

「畑やりたい!庭使っていい?」

と聞くと

 

管理人からふたつ返事で「いいよ!」

と返ってくる。

 

管理人ゆるすぎる(笑)

いつもありがとうございます(笑)

 

 

 

 

 

このゆるさを大活用しながら、

シェアハウスつみきを

 

自然と、人間と、共生する

地球にも人間にも超ハッピーシェアハウス

 

にしたいと企んでいる。

 

(つみきのみなさん勝手に企んでいるので

どうぞよろしくお願いします。)

 

 

 

 

 

 

ということで、絶賛畑作り中なんだけど

 

今日もうひとつ

新たな実験をしてみようと思って、、

 

 

 

 

 

 

ジャジャーン!

『 GIFT BOX 』

 

 

 

お金とか物の対価交換は

あんまりすきじゃない

 

この時代に何言ってんだって

思うだろうけど、、、

 

そもそも全ては地球からの ”GIFT“

 

与えられているもの(土地や水など)を

勝手に誰かが所有し、勝手に価値をつけ、

対価交換しているなんて不思議〜。

 

 

 

 

 

与えられたり得たりした ”GIFT“ を

自分の必要な分だけ受け取ったら

他の人へまた “GIFT” したい。

 

そうやって循環させていけたら

いいのになあって思ってるわけです。

 

 

 

 

 

ということで、

 

『 GIFT BOX 』

 

なわけです(笑)

 

強制ではなく

「贈りたい人が贈りたいものを贈る」

 

そうやって循環していけばいいな〜〜。

 

 

 

 

 

 

新しい実験、どうなるでしょうか。

タノシミ〜〜〜〜

 

 

 

 

 

ゆき

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です